紹介

profilephoto
どん舞は、障がいのある我が子の行き場所や、表現の場がないことを悩んでいた親達で立ち上げた和太鼓サークルです。どんな時でも「どんまい・どんまい」と気張らず、自然体で、楽しく活動しています。娘の療育のため…そして余暇活動にと始めた和太鼓ですが、親がはまってしまいました。 さて、このブログの話題は、和太鼓・どん舞・歌・障がい・描く事等いろいろです! 詳しくは、「プロフィール 流惟.S」で。

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

カテゴリー

月別更新一覧

誕生日占い

ミュージックINウェスティ 2017 11月3日

0
    2017年11月3日(金)ミュージックINウェスティの開催。

    前回のミュージックINウェスティ(2017年2月)から、8カ月ほどしか経ってなくて、練習時間もあまりなかったので、新しく練習する曲は1曲だけにして、あとはいつも練習している曲の構成を変えて臨みました。

    気がつけば、太鼓曲 3曲は、移動(太鼓を渡る)・回転することがテーマになってしまってたわ〜。
    別に意識してそうしたわけではござぁませんが…。

    見に来てくれたコーラスの友人からのメールは「楽しかったです。曲ごとに工夫があって とても楽しめました。」との言葉…& 直に電話をくれた友人もいて、楽しんでもらえたようで、ほっとしました。

    当日は、ウェスティに少し早い目に行き、「舞太鼓あすか組」のコンサートのオープニングで出させてもらった時のDVDをもらい、その後、〆太鼓を締めて…っと。

    11時頃に軽く食事をして、今回、よし笛で出演する「夢のおもちゃ箱」さんのお部屋に遊びに行き、ベラベラ…ニコッ

    桜メンバーが集まる頃に、どん舞桜組の控室に戻り、丸椅子を並べて、エアー太鼓!

    本番はね〜、私から見ると、左方向の前の席にヘルパーさんと座っていたNAGIちゃんが満面の笑みで体を揺らしてたのが、目に入って、こちらもにこにこしながら見つめ返してたら、太鼓囃子のふち叩きが抜けてしまったのさ〜笑
    ホントは、いつもの太鼓囃子は、ふち叩きはしないのですけど、前にやったのと同じじゃあ、つまらないので少し構成を変えたのですわ…っで、しっかり、自分が忘れてるしぃ0口0



    2番手だったので、あっと言う間に終わり、部屋に帰ってほっとしたら、お腹が空いてきた。
    ほかのメンバーも同じくで、みんなすごい勢いでお菓子お菓子お菓子コーヒーをむさぼり食ってました。

    あとは見るだけ〜。
    っで、「夢のおもちゃ箱」の癒しの音色のよし笛、良かったです!

    紅白対抗だったのですが、最後の方の白組さんが40名近くの人数で歌い、白いハンカチを振った時には、「これは白組さんが勝つかな〜?」とも思いましたが、最後に出演した紅組の吹奏楽の中学生たちのおかげ…やと思うけど…紅組が勝ちました。

    次のミュージックINウェスティは、ウェスティの改装工事が入るので、少し先の2019年3月3日との事。
    少し時間があるので、みんなには新しく覚えてもらう曲を2曲。
    でも、途中で入会した人にとっては、3曲ってことになるかな〜
    …を、頑張って構成も考えて、練習しようと思います。

    なんとかなるかぁ〜はてな


    2017.10月前半のあれこれと、次に向けて

    0
      なんやかんや…楽しかったこと、いっぱい!

      ♪10月7日(土)は、新井宗平兄さんと山本かずみ姉さんたちのピュアハートコンサート。
      ボランティアスタッフとして、地車祭りの間をすり抜け、ウェスティホールへ
      バイクを飛ばす…なんと、どこもひっかからず、迂回もせず、到着!

      コンサートが終わる頃、そろっとドアを開けて、お客さんが出やすいように…と準備し、ドアのところに立っていたら、女の子が出て来て、抱き着いてきた…よっぽど楽しくて、嬉しくて、興奮してたようで、お互いハグハグハート
      また、コンサートあるからね〜。 また来てね〜。

      太鼓っで、15日(日)、同じくウェスティホールにて、舞太鼓あすか組のコンサート。
      和太鼓教室のメンバーも、リハーサルがあるので、10:50に集合。

      リハーサルをして、お昼を食べて、いざ本番…あっと言う間でしたわ〜ニコッ楽しかった。
      リズム的には、少し速いスピードで始まったので、ダンスグループの子どもたちは大丈夫かしら?…と思ったけれど、子ども達もしっかり踊ってたよ〜。
      来年もまたこんな企画、是非、是非してほしいですニコッ

      夜はねぇ、和太鼓教室のメンバー&指導して下さった舞太鼓あすか組の3人の先生方と、打ち上げあげあげ


      同じテーブルに着いてくれたのは、↑オージロー君
      (息子より年下、っで、同じ高校卒)
      いろいろお話していると「あら〜、そうだったのね〜」…という事がわかり、「つながっているもんだなぁ」…と感心したりして…。
      娘にも優しくしてくれてありがとうです。めっちゃ喜んでました。

      宇野先生、小西先生、西川先生、ありがとうございました。
      和太鼓教室の皆さん、ありがとうございました。ありがとうニコッ 
      きちんとお礼も言わず、抜け出してきた事、後悔してます。
      盛り上がってるところを邪魔しても申し訳ないと思い…といそいそと出てきましたが…。
      また、お会いできたら嬉しいです。ハート

      さてさて、次は…11月3日(金)いよいよミュージックINウェスティです。
      これに向けてしっかり練習せななぁ〜


      どん舞さくら桜組の出番は、13:20予定です。



      作品展 ちらし

      0
        11月3日(金)から、友人達がかかわるサークルの「書」の作品展が開催される…という事で、頼まれてチラシを作成しましたハート

        最初、もう少し落ち着いた色…と言うか、黒っぽい感じの色合いを考えていたのですよ。
        っで、「なんか、キャッチコピーないっすか?」と聞くと、…元気で自由な…と言うフレーズをメールしてくれた。

        年齢層としたら、若手の仲間達だそうで、かかわっている友人は、筆の勢いとかが違うのよ!…と言うのだ。
        なので、考えていた色よりは、明るくして、だけど秋なので、「晩秋」のイメージも入れて…となると、こんな風になりました。(仲間が作ったさをり織作品を落ち葉の形に切り抜いてます♪



        時間があれば、見に行ってくれたら、嬉しいな〜。

        このちらしを仕上げてから、あまりにも汚かったふすまを張り替えた…と言うより、枠の外し方がわからなかったので、上から貼った。笑


        こういうのは経験だね〜。失敗! 失敗!
        ふすま紙が結構大きくて、左右均等に少しずつカットしたら、ミッキーやミニーの顔が中途で切れてしまった。

        っま、部屋が明るくなったんで、良しとしましょかね〜ニコッ


        近況

        0
          7月…退院後、ウェスティでの和太鼓ワークショップへ。…2カ月間は、激しい運動は禁止という事で、適当に手を抜きながら…って思っても、行けばやってしまう性格…kyu

          「しまった!」と思ったのは、タイヤを叩くのでなく、順番交替で本当の太鼓を叩いた時…音が大きすぎるやん!
          (持って来てくれてる太鼓は、6台ほどなので、タイヤを叩いての練習なのです。)
          まだ綿球を入れていたので、すっかり耳栓をするのを忘れてたしぃ…0口0

          すごく響く!!
          大丈夫か〜? 私の耳…って、思った。

          8月に入り、浜寺にある高齢者のディサービスで演奏した時は、耳栓をしなくても大丈夫なほどの聞こえになっていた(…脳内での音量調整できて来てるんだな…)
          &みんなの掛け声がよく聞こえたのでよかったです。

          10月15日(日)ウェスティでの舞太鼓あすか組のコンサートのオープニング…
          たくさんの人数で太鼓を叩くことになるだろうけれど、耳栓なしでやりたいなぁ〜。



          今度は、5月の打打打団コンサートの時のように、演奏中、迷子にならへんように頑張れると思うわ〜ニコッ


          耳硬化症 左 あぶみ骨手術

          0
            ★入院前のDr.との話あれこれ
            ・「耳硬化症」は、白人に多くて、日本人では珍しいのですよ。
            特に白人女性に多い。
            「何代か前(ご先祖様)に、そのような人がいたんと違うかな〜?」

            ・今回の手術は、耳の後ろを切開するのでなく、前の方(耳の穴の上あたり)を切開するからね〜。多分、いけると思うよ〜。あなたの耳の中、広いから…やっぱり、白人の血が混じっているのかもしれないね〜。

            ※耳硬化症…聴力を失っていく進行性の病気

            ★点滴
            今回、ラッキーなことに、酷いめまいに悩まされることもなかったし、入院生活も8年前と比べると短い。っで、前回は24時間点滴を3日は続けたような…??
            手術の次の日からは、午前・午後の点滴を4日間…点滴の間だけは、じっとしてるけど、その時間も短いし、あとは自由に手が動かせるんだ。 
            これがありがたい!
            手術の技術も進み、さらに薬もよくなっているんだわ〜…と実感。

            ★窓からの景色
            この写真じゃわからないけど、肉眼なら結構見えるのですよ。左の方・丘の稜線の端っこのあたり…多分、咲洲庁舎だな…とか、狭山のマンションの間に見えるツインビルは、堺市駅前のベルマージュかな〜? 鉄塔の右横あたりに見えるかなり向こうにそびえているのは、ハルカスかしら〜? 
            なん〜て、想像を巡らせながら眺めていました。


            ★症状
            手術後(13日〜14日の明け方)…頭部の左側が痛いのは、まあ当たり前なんですが、同じ姿勢でいることでの腰痛の方がたまらな〜い。
            結構、耳鳴りあり。水中にいるようで、左耳、ゴボゴボ言うてる。

            手術後1日目…ゴボゴボが、少しましに。そのうち、コポコポって感じになる。
            創部の消毒のため、処置室へ(耳の中の綿球を取り出し、消毒)
            そないに耳を引っ張らんでもぉ〜 & 綿球も、力強く詰込み過ぎとちゃうん?
            痛いやんかぁ…そのあとも痛いのが続いたわ。

            手術後2日〜3日目…脈の拍動に合わせて、耳の中から、コツコツ……と響く。
            コツコツがやんだり、またなったり。 結構、うるさく感じる。

            手術後4日目〜…ようやく、コツコツが止む。
            気管挿管してたので、声が出にくく、かすれた声になっていたのが、ようやくましに…。
            それでも夜、唾を飲み込む時に痛く感じるし、痰が絡む。

            ★退院(帰り道)
            バイクに荷物を積んで、いざ、我が家へ!
            ところが、スピードを出すのが怖い!
            …景色が目まぐるしく飛ぶと、くらくらするぐるぐる
            カーブを曲がるのも、なんか変な感じで、大回りになってしまう…ゆっくり帰ろう…家までもつやろか〜?と、ちと不安になった。
            っで、バイクのエンジン音がいつもと違う…ん? ン? 
            違う…私の耳が聞こえるようになったんで、今まで聞こえてなかった音が、入って来てるんや〜と気づいた。

            ★聞こえ
            家に帰ってからも、しんどくて、家事をするにも「休み…休み…」と言う状態が、退院当日〜翌々日まであたり。
            退院後4日目あたりから、それなりに過ごせるようになった。 買い物はネットスーパーにして、ゆっくりしてるけど…。
            っで、あらためて気づかされるのが、今まで聞こえてなかった音(右耳で聞いているので、全く聞こえてなかったわけでないけど…)
            エアコンの音・水が流れる音・床に響く音・耳のそばを通る風の音・キーボードを打つ音・ドアを開け閉めする音・ページをめくる音・買い物袋のカシャカシャする・その他いろいろな音が、大きく聞こえるんだぁ〜。
            こんな大きい音だったのね…そのうち、聴覚神経が勉強して、慣れるだろう…と思うが、和太鼓練習の時は、耳栓が要るわ〜 きっと!

            ★さつき(にゃんこ)ハイテンション
            帰って来たその日、2階の自室で、いろいろ片付けていた。しんどいので、座って休んで、また片付け…なんぞしていたら、さつきは、傍らで1人遊び。
            とにかく、大好きなおもちゃで遊んでる。爪にひっかけ、それを飛ばし、走って行く…これを何回も繰り返す。
            もう、そろそろ飽きたやろーと思うが、やめない。
            そのうち、椅子の背もたれに上ってきて、ちょいと噛みついて、「私と遊べ〜」と言わんばかりに、ちょっかいを出す。
            なんか、ストレスたまってたんやね〜。
            次の日は、おとなしいが、とにかくくっついてくる。
            っで、膝の上に乗って、うとうと。
            珍しいやん…いつもこんなことしてくれないのに…。猫なりに何か思う事あったかしらね。











            耳硬化症 左 あぶみ骨手術

            0
              2017年、この7月最初の土日は、舞洲障がい者スポーツセンターへ、プール教室の合宿。
              明けての第1週の平日は、会議やら、施設見学やら…。

              第2(土)は、午前・午後とも和太鼓練習。
              次の日(日曜)は、サービス付き高齢者住宅で、演奏。
              娘のお世話になってるヘルパーさんよりの紹介で、初めて行くところ(グランデール和泉)でした。
              司会進行などは、こちらに任せてもらって、最後に何か質問あれば…と言う流れにしていました。
              どういうわけか、どん舞の演奏を見てくれた方々ってば、涙流して喜んでくれるんだ〜
              最後に「何か質問ありませんか〜?」と聞いたら、涙流して「楽しかった」と言うてもらえました。

              いろいろと考えてみるのだけれど、やっぱ、一生懸命で、ひたむきに太鼓を打つ子どもたちの姿とか、「楽しい・嬉しい」とかの感情が伝わっているのかも…。
              (余談…歌もね、うまい下手じゃないと思う。少々、音がはずれようと感情が飛んでくる歌い方って、心ふるえるんだ〜)

              さて、とりあえず、7月の催し物は、なんとかなったので…。
              今度は私の本番病院
              11日(火)に入院して全身麻酔の説明を受けたりした。
              「実家の母が、麻酔がどうしても合わず、三日三晩嘔吐に苦しむような人ですねん。体質が似てたら、きっとオェオェなるから、吐き気止めよろしく!」と念押し。

              2009年2月に右耳・あぶみ骨を手術した時は、眠たくなる薬と局所麻酔で手術したけれど、まったく眠たくならず、目はギンギン! アドレナリン全開!!
              吐きそうになるわ〜(「吐きそう」と言うたら、すぐに吐き気止め入れてくれて、楽になった…)奥の方に穴を開けられ、水が流れ出た時は、目はぐるぐる回ったぐるぐる
              我慢しきれず「やめてー」と叫んで動きたくなったのを、必死で我慢!
              もうあかん…1分ももたん…と思った頃、蓋してくれたので、助かりました…。

              今回はそんなこんなで、全身麻酔…そういえば「義母さんも手術の後、嘔吐してたな〜」で、不安は募るばかり。
              手術室のベッドに横たわり、ゆっくり息して〜〜〜
              っで、まあ普通の人なら、2〜3回呼吸したら、パタッと眠りにつくもん? 

              緊張MAXか〜? 先生が「眠たくなったら、教えてね〜」なんて声をかけてくれたけど、まだ効かないぐるぐる
              「めっちゃ、緊張してますねん」と私。
              先生…「(データ見たら)わかります」と会話してたら、意識がなくなり、起こされた時には、とてつもない尿意に我慢できずにいた(尿管に管を通してるんだけど、その違和感・異物感が尿意となって認識されたよう…)

              おもわず「おしっこ〜」と叫びましたがなぁ…看護師さんいわく「ここでしてくれていいよ〜」
              …どうやってすんねん…0口0

              その後、部屋に移動してからが、尿意地獄となる…どういう体勢で寝たら、この尿意が軽減できるか…
              13時に手術室に入って、どのくらい時間が経ったのかも、よくわかってなかったけれど、酸素マスクを外してもらった頃は、まわりも寝ていた時間。スープとか、さげずに残してくれていたが…いやいや、とても飲めないわ〜
              そこから明け方まで、身動きとれず(動くと違和感があげあげ

              なので、どこが痛いと聞かれたら…
              々 頭 手術した左 す◆糞ご描浚匹靴討燭箸海蹇

              いやはや大変…早い目に抜いてもらいました。

              今回の左耳の手術は、右耳を手術した時と比べたら、めまいに苦しめられることもなく、その点助かりました〜
              前回の時は、目を閉じていて、開けただけで、天井がまわってましたもの。

              先生いわく「技術は向上しとんのや〜」

              っで、今回は耳の後ろ切開ではなく、前の方…耳穴の上あたり・ちょい前方の切開でした。うまいこといけへんかったら、後ろ切開にするし…みたいなノリ。

              全身麻酔後の嘔吐もなく、術後5日で退院してきました。

              しんどくないのか?と言うとそうでなく、ちょっと動いたら座って休みたい、
              目を閉じて横になりたい…なので、朝のワンコハウスの掃除に、1時間もかかった(休み…休み…だもんで)

              自分が動くと周りの世界が動くせいだか、めまいっちゅう、めまいでないのでしょうけど、ふわふわしてるような感覚はありますな〜
              &味覚障害ありかな?(病院食は薄味やと思ってたので気にしてなかったけど…家で食べても、もうひとつわからんのぉ〜 特に甘味がわからん。)

              しばらくは、重たい荷物を持つ事禁止、激しい運動の禁止、強く鼻をかむ事・咳をする事禁止(なので、アレルギーの薬をたんとくれた!)高層階へのエレベーターやら、飛行機に乗ることも禁止(大丈夫! お金ないから、どこへも行けへんし…)
              もちろん、プールも禁止。ってな具合で、禁止事項が結構ある。

              主婦たる者…買い物で重いものを持たねばならん…思いついて、ネットスーパーに登録しました。ニコッ


              古希ライヴ

              0
                久しぶりの…久しぶりの…ブログやな〜。

                一緒にコーラスをしている友人が、「古希ライヴ」を開催するという事で、ちらしを作成しました。
                5月の最後の月曜日に写真を撮りに行き、古希のテーマ色と、華やかにバラも入れてみた。

                花屋さんに行って、バラバラの花の写真も撮りたかったけれど、なかなかなくてねぇ〜。

                仕方なくネットから、バラ画像を引っ張ってきた。
                っで、できたのが下のちらしです。




                5月の行事

                0
                  5月の行事…和太鼓関連だと、5日の弥生祭り。
                  ほかのサークルとは、かぶらない演目を…と思い、「海のお囃子」を選んだけれど、
                  あとでどこかのサークルが演奏してた。
                  うわ〜ショックぐるぐる

                  っで、21日「打打打団 天鼓」のコンサートに向けてのワークショップを4回ほど受けて、本番。…あかん! 途中で迷子になってしもうたわ。
                  今、どこを演奏してるねん0口0状態

                  21日の日中は、老健施設「カロス」で演奏。子どもたちを連れて行くと、とても喜んでくれるし、乗ってくれし、笑顔になってくれるので、こちらも笑顔になるんだなニコッ

                  歌関連だと…
                  14日(日)は泉北コーラスに参加。
                  通常、曲と曲の間で拍手は、ならない…ってか、終わるまで待って、拍手をするのですが、どういうわけか受けて、途中で拍手が入り、あとで、メンバーみんなで、やんややんやあげあげ
                  「1曲目終わって、拍手が入ったん、DOYAさんとうちことだけや〜」ニコッ

                  まりと殿様♪ ↓手作りの毛槍で盛り上げてます。
                  長くすると持ち運びにくいので、短い毛槍。


                  5月のにゃんこ ↓しゃくとり虫が気になります。


                  食べないでよ〜汗


                  まだ豆粒のようなレモンです↓ 
                  柑橘系の樹木って、尺取虫やアゲハ蝶の幼虫がよくいますねん。


                  立ち台

                  0
                    チャンチキのでかいのを購入したのは、だいぶ前。

                    重いので、譜面台に置いて、娘に叩いてもらっていたが、ちょい不便。
                    毎回の高さ調節がね〜、面倒なのさ〜!!…ってなわけで、作りましたわ〜ニコッ





                    背の低い娘さん用に作ったので、私の身長だと、随分、腰を落とさないといけないのと、ペンキを塗ったのは、いいけれど、くっつきやすくて広げる時に力が必要なのが、失敗やったねぇ汗
                    まあ、でも木と木が当たらないよう、布を貼ったので、広げる時はくっつかなくなって、さっと広げられるようになりましたけど…。

                    次に作っておこうと思ってるのは、チャンチキ用の「棒」
                    (上記写真の台の横に差し込んでありますが…)
                    よく折れるんだね、これが…
                    なので、竹を割ってもらったので、作り置きしておこうと思ってる。
                    少ない大工道具でどんだけのもん、作れるやろか―



                    タケノコ堀

                    0
                      どん舞メンバーが、和泉市・蔭涼寺の竹林の1画を借りているので、「タケノコタケノコ堀り体験をしてみよう!」…と、どん舞でレクレーション企画をした。

                      残念ながら、支援学校の予定が入ったりして、参加できた仲間は少なかったけれど、お天気も良くて、気持ちのいい日でした。



                      小さいのやら、大きいの、いっぱい取りましたよ〜ニコッ
                      子ども達、なかなか掘るの上手いんですよ〜



                      あまり、精一杯やったら、次の日筋肉痛で動けなくなるので、そこそこ休みながら、大きそうなのを探して掘りましたが、先っぽだけ見ても、大きいのやら? 小さいのやら? 
                      掘ってみないとわからんもんで…。



                      「ちゃんと掘れないだろう…」と、メンバーのご主人があらかじめ掘ってくれてあったのも、頂いて帰りました。

                      スーパーで売っている皮つきタケノコとは違って(…多分、スーパーのは掘ってから時間が経ってるんやろね〜)、渋み・えぐみもなく、やわらかくて、とってもおいしいタケノコで、少々、地面から突き出ているものでも、やっぱ、こっちの方がおいしいのです!! 
                      帰りに義母さんちに寄り、おすそ分け…ゆでるのに、タケノコに包丁を入れたとたん、「やわらかいわ〜」と感心しきりでした。

                      あっ、やっぱ、今日、筋肉痛です汗

                      | 1/20PAGES | >>